シックハウス自然素材料金イメージの伝達増改築

シックハウスとは

シックハウスとは、新築やリフォームをしたときに発生する、接着剤や殺虫剤の化学物質の発生により、住む人が健康をその家に住む人が健康を損なう場合があります。

これをシックハウス症候群と言います。

建築基準法改正により2003年7月からは新築住宅は24時間にわたり換気することを義務付けられました。

近代の住宅が高気密化していることも原因の一つでしょう。

発生する化学物質で有名なのはホルムアルデビドですが、あらゆる建材から発生しています。

例えば、塗料からはトルエンやキシレン。

たたみだと、有機リン系殺虫剤が発生します。

防蟻剤からは有機リン系殺虫剤のほかに、ピレスロイド系殺虫剤。

これ以外にも接着剤やベニヤ板などからも化学物質は発生します。

放出量の少ない物

まったく影響を受けない人もいますが、体の弱い人やアレルギー体質の人の方に対する対象法は、とりあえず室内の換気をするしかありません。

大抵の方は大丈夫だと思いますが、工事完了後は化学物質の発生量が多いため、換気しながら様子を見て入居する方法が良いでしょう。

それ以外の方法としては、ベニヤ板やパーティクルボードから出る化学物質(ホルムアルデビド)の放出量の少ない物もありますが、値段も高くなります。

種類はいくつかあるのですが、放出量の上下の差は50倍から60倍以上にも及びますので、資材選びも対策の一つと言えます。

今まではシックハウス症候群というと、新築を建てる時やリフォームをしたときに使用される建材からの化学物質だけの問題と思われていましたが、
建築時に使用する資材以外にも家具や絨毯、カーテンなどからも化学物質が発生します。

また、日常つかわれる生活用品からもカビやダニなどによって、室内の空気が汚れる原因ともなります。

シックハウスの主原因として「接着剤がホルムアルデビドを発生させため」と疑われた時期がありますが、 ホルマリンが含まれてない接着剤が使用されていることが断定し、今では問題視されていないようです。

一般住宅からマンション・ビル、商業施設まで建築パースを製作
建築パースシェルパ http://sherpa.mods.jp/

Copyright (C) リフォームの進め方. All Rights Reserved.