葬儀の日取りにNGとされる「友引」について

「友引に葬儀を行ってはいけない」ということを聞いたことはありませんでしょうか?

葬儀の日程を葬儀社と相談しているときに、もしかしたら言われることがあるかも知れません。

何となく知ってはいるものの、友引の意味まで詳しく知っている人は少ないでしょう。

ここでは、六曜と葬儀の日取りの関係について説明します。

《六曜とは一体何か》

よく、大安吉日とか仏滅という言葉を聞いたことがあると思います。

これは全て「六曜」という中国が発祥となっている戦をうために使われた言葉です。

それが何故か転じて、日本での冠婚葬祭の日取りに流用されることになったというわけです。

六曜には大安・仏滅・友引の他に、先勝・先負・赤口があり時間帯によって吉凶が決められています。

《友引に葬儀をしてはいけない理由》

本来の友引の意味は「勝負がつかず、全て引き分けになる日」です。

勝負面では特に凶日ではないのですが、「友を引く」という字面が忌み嫌われたからという説が有力です。

葬儀の場合、故人だけでなく友も連れて行ってしまう、という言い伝えがそのまま現代にまで残っているということです。

現代でも友引の日を休日にする葬儀場もあるほどです。

《葬儀にふさわしい日程とは》

基本的に、六曜は勝負事をそのまま冠婚葬祭に流用しただけなので余りこだわらないことです。

例えば、すべてにおいてうまくいかない日とされている「仏滅」であっても葬儀を執り行ってよいとされています。

現代人は多忙なため、よほどのこだわりがなければ友引でもいけないということはありません。