シックハウス自然素材料金イメージの伝達増改築

無垢材

新築やリフォームに使用される建築材料は通常リフォームに使われる建材は、壁紙は塩化ビニール(C2H3Cl)、フローリングには合板を使用するのが基本です。

これらの建材のメリットは、工事のスピードが速いことや伸縮性が少ない、デザインが楽しめたるなど多くの利点が挙げられます。

これら以外にも自然素材といわれる建材もありまして、天然の素材を生かした無垢材のフローリング、防水性に優れている漆喰などの塗り壁や自然素材を使用した壁紙などがあります。

健康面や表面の肌合いは一流ですが、その分値段も一流です。

天然素材を使用することにより、断熱効果や調湿効果が得られます。

3枚以上重なった合板フローリングでは、伸縮性が少ないというメリットがありましたが、熱の伝わりに優れていないので、
冬の寒い時期は冷たく感じ、温もりが欠落していました。

それに比べ、天然の素材を使う無垢材は、冬の寒い時期でも暖かく感じる事が出来ますし、夏の暑い時期でも涼しさを感じる事が出来ます。

無垢材の種類も現在では豊富にでまわっていますし、床暖房にも対応しているのもが多く出てきています。

例えば、日本を代表する桧(ヒノキ)や高級感あふれる杉(スギ)なども対応できますし、30代~50代に好まれているメープル(楓)や
年齢問わず幅広い層に愛されているバーチ(カバ)なども対応可能となっています。

それぞれ木目や色など特徴を持っているので非常に楽しむ事ができますよ。

漆喰や珪藻土で内壁や外壁を塗ることは手間が掛り、料金面で使用される方は少なくなってしまいましたが、従来日本では内外とも漆喰や珪藻土で塗られてきました。

やはり費用を抑えたい想いから、安くて簡単に工事が出来る壁紙に変わってきてしまったのでしょう。

しかし、落ち着きのあるデザインや環境面などから漆喰が再評価されてきているのも現実です。

石の素材と言えば、みなさん思い浮かべるのは大理石でしょうね。

大理石らは有害物質を含んでいないので、デザイン性だけではなく、環境に配慮して家の建築に利用される方もいます。

とはいえ、はやり高級感漂う感じが好まれているのでしょう。

その理由として、風格の美しさから旅館やホテルでよく見かけます。

Copyright (C) リフォームの進め方. All Rights Reserved.